読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごーやたん別館

お酒、プロレス、好きな映画…あまりジャンルにはとらわれず好きなことや思ったことをつらつらと綴るブログです。

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!を観にいった

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」

 

忘れないうちに記しておこう。

12/13日曜日、ジムキャリー主演の「帰ってきたMr.ダマー バカMAX」を観にいった。

「ジムキャリーはMr.ダマー」の続編、20年ぶりの復活。

ジムキャリーファンなのでこれは観にいかねば。

映画館にいくのは何年ぶりだ……

チケットの買うシステムが変わっていて、戸惑ってしまった。

 

メリーに首ったけで有名なファレリー兄弟が監督。

そういえば愛しのローズマリーも映画館に観にいったっけ。

 

映画を観た感想

無駄な空撮から始まる!そんな壮大な映画なのか?

キャスリーン・ターナーが出ていたのがよかった。

でもあまりにも太り過ぎていて気付くのに数分かかった。

キャスリーン・ターナー演じるフリーダの腰に入っているスマイルマークのタトゥーが、20年の月日で太ってしまったため拡大されていたのが面白かった。

しかも腰の皮膚が肉割れしている。

こんなところを細かく描写するなんて。

 

相変わらずロイドとハリーはバカ。2人とも顔のシワが増えて歳取っているので、余計に痛々しく感じる。

ロイドとハリーの友情にホロリ。こんなバカ映画で泣いてしまうのは恥ずかしい。

ハリーは過去に大学に合格していたことが発覚!

ロイドよりもやっぱりまともなんかな~と思いきや、実はハリーの方がひどいかも。

 

それにしても娘役の女の子がかわいかったね。

あと、ジムキャリーが楽天カードマンみたいになるところも笑ってしまった。

思わず「楽天カードマン!」と叫びそうだった。

 

下品だ。やっぱり下品だった。

人にオススメできる映画ではない。

でも前作を観てるので、懐かしく思うシーンがいくつもあった。

例えばハリーのはみ出たお尻とか。

20年も経つのだな。

昔より笑えなくなったのは、私も歳とったせいか?

 

 

ジム・キャリーはMr.ダマー [DVD]

ジム・キャリーはMr.ダマー [DVD]