読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごーやたん別館

お酒、プロレス、好きな映画…あまりジャンルにはとらわれず好きなことや思ったことをつらつらと綴るブログです。

お母さんがストーブを独り占めしていた思い出

思い出話

沖縄も大寒波の影響で、沖縄本島ではなんと観測史上初の雪の観測。

久米島では39年ぶりだったか?

とはいえ、雨と雪が混ざったようなみぞれ状のもの。

積もることはなく、すぐ消えてしまうのであった……

そのため、寒さのあまりひきこもっていた私は貴重なみぞれを見ることがなかった。

 

この寒さのせいで、スーパーでは鍋ものの材料が売り切れ。

ストーブも展示品まで売れるほどの勢いだったらしい。

エアコンは暖房付き、ちっちゃい電気ストーブを常備している我が家は余裕♪

寒波が来る前からストーブ使用しているもんね。寒がりだから。

 

そういえば私がまだ10代の頃だったかな?家にはまだ冷房専用のエアコンしかなかった。

家にある暖房機といえば、小さな電気ストーブのみ。

電気ストーブは1人しか温めてくれない。

でもその1台しかない電気ストーブは、母が独り占めしていた。

 

ある朝起きると家の中が煙たい。

そして母親が私たち子供に向かって怒っている。

「もう少しで死んでしまうところだったじゃないか!」と。

いったいどういうことなのか詳しく話を聞いてみると、どうやら寝てるときに電気ストーブが倒れて母の被っていた毛布を燃やしてしまったらしい。

毛布を見てみるとでっかい穴が開いていた。

 

しっかり者の長女が状況を聞いて、逆に母親を叱った。

・そもそも寝る前に不安定な状態で電気ストーブを使うのが悪い。

・火事になったら母だけではなく、家族全員が危なかった。

母は叱られてしょんぼり。

 

幸いうちの母は無傷、家の中も毛布以外は燃えずに済んだ。

穴の開いた毛布を見るとおかしくて笑ってしまったが、電気ストーブが原因で燃えてしまったというのはとても怖い。

毛布を燃やしてしまってからというものの、母は寝る時に電気ストーブを使っていない。

もちろん私も怖くて使えない。

起きているときに、足元を温めるだけにしか使っていない。

 

ちなみに大きく穴のあいた毛布は、しばらく私が使用していた。